登山詳細図作製の記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イチコの墓発見!
ss8080049.jpg

長い間、探し求めていた惣岳山の「いちこ(いちご)の墓」をやっと見つけることができました。

詳しい場所が記載されていたのは、原全教氏の本で、これを元に探したら発見できたのです。

ちゃんと三つ並んでいるのも、記述の通りです。

「最盛期には数名の巫女が奉仕していたといわれる。
現在、山頂近くに「いちこの墓」というのがあり、ここに三基の板碑が残され、その一基には、建武四年(1337)の年号がみられる。」

との記述が『青梅市史 下巻 P774』にあります。

「青渭神社(古くは惣岳大明神とよばれた)に仕える美しい巫女(イチコ)がいた。
この美しいイチコに想いを寄せる氏子の若い衆は数知れないほどだった。
ところがイチコはだれにも心を動かさず、若く美しいまま死んでしまった。
氏子たちは、きっとイチコは惣岳様の化身だったにちがいないと惣岳山頂に葬り、松の木を植え板碑まで建てて供養した。
この板碑には建武の年号が刻まれている。
その後、ここに仕える巫女は、同じように若死にをし、板碑も三基建てられている(原典・『『新編武蔵風土記稿』)。

出典:青梅市史 下巻 P905

こちらは同書に記載されている伝説です。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。